本文へスキップ

当会は全国のみなさんの会費で支えられています。
 一般社団法人 北海道自然保護協会

行事のお知らせ

 

日本環境学会 第48 回シンポジウム
  生物多様性保全の最前線
  北海道の高山・湿原・都市近郊林での実践


2022年 7月2日(土)13:30~15:45
開催形式 :オンライン(Zoom)、参加費無料
参加方法 :要申込。QR コードかE メールから申し込んで下さい(6/29 締切)
      定員300名(先着順)

プログラム
生物多様性保全は世界的な課題であると同時に、種の多様性・遺伝子の多様性はそれぞれの生物の生 存する生態系の保全なくしては達成しえません。そして生態系は地域的な固有性を有しています。本シンポジ ウムでは、グローバルな動向と北海道での3 つの実践を学び、生物多様性保全を一緒に考えましょう。
●シンポジウム前(13:00~13:30)に動画を上映予定
 (大雪山、サロベツ湿原、北海道博物館の映像)
◆基調講演(13:35~14:05)
 「生物多様性のすそ野を広げる:グローバルな動向とローカルな展開をつなげる」
 小堀洋美さん(東京都市大学特別教授)
◆個別報告(14:05~15:05)
 「大雪山の現状-生態系の維持管理の課題」
   岡崎哲三さん(一般社団法人大雪山・山守隊代表)
 「サロベツ湿原における自然再生と住民参加」
   嶋崎暁啓さん(ポラリス・ネイチャーガイズ&コンサルタンツ代表)
 「野幌森林公園と博物館の役割」
   水島未記さん(北海道博物館学芸主幹)
◆パネルディスカッション(15:05~15:45)
 司会進行:古林英一さん(北海学園大学経済学部教授)
 パネラー:小堀洋美さん、岡崎哲三さん、嶋崎暁啓さん、水島未記さん

■主 催:日本環境学会
■共 催:環境省北海道環境パートナーシップオフィス、(一社)大雪山・山守隊、
    (一社)北海道自然保護協会、ポラリス・ネイチャーガイズ&コンサルタンツ
■問合せ・申込先:日本環境学会第48 回大会実行委員会 jaes2022@jaes.sakura.ne.jp

チラシ(PDF) 

 

市民自然観察会「街中ジオ散歩―サッポロの失われた川」

札幌市が位置する豊平川扇状地の古い河川「サッポロ川」の痕跡をたどり、札幌の生い立ちを探る。

第2 回、第3 回の予定
   8 月6 日(土)北大植物園(植物園を流れていた二本の川)
   10 月1 日(土)知事公館(高台の湧泉とコトニ川)

 

2022 年度協会行事のお知らせ

                   (申し込みはすべて下記の協会事務所へ)

  円山公園外来植物除去活動とボランティアの募集
活動日:①5 月20 日(金), ②6 月2 日(木), ③6 月17 日(金), ④7 月7 日(木), ⑤7 月15 日(金),
    ⑥ 8 月4 日(木), ⑦8 月19 日(金), ⑧9 月1 日(木), ⑨9 月16 日(金), ⑩10 月6 日(木),
    ⑪ 10 月21 日(金), ⑫11 月3 日(木)
活動場所:①5 月20 日(金), ⑦8 月19 日(金), ⑫11 月3 日(木)は円山公園、それ以外はユースの森。
集合場所:円山公園パークセンター。ただし、活動場所が「ユースの森」の日は直接ユースの森前
     バス停(総合グラウンド前)に集合しても良い。
活動時間:10 時(集合時間)〜11 時30 分。
活動内容:イワミツバ・ゴボウ・ガーリックマスタード・オオハンゴンソウ・アメリカオニアザミ
     の除去。
注意:除去活動に参加するためには、ボランティアとして登録していただき、札幌市ボランティ
ア保険への加入が必要です。協会にご連絡ください。


  自然保護講演会
日時:5 月21 日(土)15 時30 分~17 時00 分(総会に引き続き開催。受付は15 時15 分から)
会場:札幌市資料館2F 研修室(札幌市中央区大通西13 丁目)
講師:平川浩文さん(野生生物研究者)
演題:野幌の哺乳類-自動撮影観測の18 年
参加費:1,000 円(会員無料)
定員:60 名


  市民自然観察会「街中ジオ散歩-逝きしサッポロ川をたどる」
札幌市が位置する豊平川扇状地の古い河川「サッポロ川」の痕跡をたどり、札幌の生い立ちを探る。
定員:20 名(先着順)
時間:10:00~15:00(集合場所は毎回違います。街中を歩きます)
参加費(毎回):2,000 円(資料代・保険代を含む。入園料等は別)(会員 1,000 円)
第1 回:6 月4 日(土)北大(北大構内から偕楽園へサクシコトニ川をたどる)
第2 回:8 月6 日(土)北大植物園(植物園からコトニ・コタンへチェプンペッ川を下る)
第3 回:10 月1 日(土)知事公館(高台の湧泉とコトニ川本流を見る)
申込み受付は、各回ごとに実施日の1 か月前より開始いたします。


  自然を語る会
日時:8月9 日(火)、9 月13 日(火)10 月11 日(火)
毎回午後6時〜8時
会場:札幌市立大学サテライトキャンパス(アスティ45 12 階、札幌市中央区北4 条西5 丁目)
講師・演題:未定
定員:30 名(先着順)
参加費:1,000 円(会員 500 円)
詳細は協会ホームページおよび会報次号でお知らせいたします。

  自然保護大学「道南の自然の魅力
日時:11 月19 日(土)13 時〜18 時(3人の講師がそれぞれ90 分ほど講演)
会場:札幌市立大学サテライトキャンパス(アスティ45 12 階、札幌市中央区北4 条西5 丁目)
講師:未定
定員:30 名(先着順)
参加費:3,000 円(会員 1,500 円)


以上の申し込み・問い合わせ:北海道自然保護協会
電話 011-876-8546(月曜日〜金曜日、10:00〜16:30) ファックス 011-211-8465
電子メイル info@nc-hokkaido.or.jp
新型コロナウイルス感染症の状況により予定変更がありえますので、ご注意ください。


 

2022 年度自然保護講演会のご案内


新型コロナウイルス感染症拡大の状況しだいでは、会場開催ではなく、オンライン開催に変更する可
能性があります。参加される方は協会事務所( 011-876-8546 ) あるいは協会ホームページ
(https://nc-hokkaido.or.jp/index.html)でご確認ください。

*協会メールアドレス:info@nc-hokkaido.or.jp 、電話:011-876-8546 FAX:011-211-8465

自然保護講演会
 日 時:2022 年5 月21 日(土)15:30〜17:00(受付は15:15 から)
 会 場:札幌市資料館 2 階研修室(札幌市中央区大通西13 丁目)
     地下鉄東西線西11 丁目駅1 番出口より徒歩4 分
 演 題:野幌の哺乳類-自動撮影観測の18 年
 講 師:平川浩文さん(野生生物研究者)
 定 員:60 名(申込先着順)
 参加費: 1,000 円(協会会員無料)
<講演要旨>
 演者は野幌森林公園で2001 年から自動撮影による野生動物調査に関わってきた。このうち、2005 年までは技術開発のために、2007 年からは北海道森林管理局による野幌森林再生モニタリング事業のサポ ート役として。本講演では、この18 年にわたる調査・観測からわかってきた野幌森林公園の中大型哺乳 類の生息状況とその変化について、また、中大型哺乳類の生息地としての野幌森林公園の広域的な位置 付けについてお話します。
<平川 浩文(ひらかわ ひろふみ)さんプロフィール>
1978 年大学(林学科)卒業、当時の農林省林業試験場(現在の国立研究法人森林総合研究所)に研究職 として採用。1994 年に本所(つくば)から北海道支所に異動。2015 年3 月に定年退職、再雇用に。2020 年3 月に再雇用終了。専門は野生生物(哺乳類)の管理学・生態学・行動学。数理モデルやハードウェ ア・ソフトウェア技術開発も。

 

(2022 年)円山公園外来植物除去ボランティア募集
          初めての方、大歓迎


 待ち遠しい春がやってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
北海道自然保護協会ではボランティアの方々と円山公園の外来植物の除去を行います。
今年度で7 年目となる活動ですが、これまでと同様に札幌市ボランテア活動保 険(300 円=各人負担)の加入手続きを当協会がまとめて代行し、円山公園管理 事務所にボランティア登録をいたします。
初めて参加される方、大歓迎です。知人、友人をさそって是非ご参加のお申し 込みを下さいますようお願いいたします。
*募集人数  70 名(先着順)
*作業場所  円山公園およびユースの森
*作業内容  イワミツバ・ゴボウ・オオハンゴンソウ等の外来植物除去
*作業日   毎月第1 木曜日、第3 金曜日(10:00~11:30)
      第1回目 5 月20 日(金)~第12 回目11 月3 日(木)
*日程詳細、集合場所、集合時間などは裏面をご覧下さい

☆適宜、作業前または作業後に植物観察会を行う事があります。その場合の解 散時間は12 時になります。
主催:
一般社団法人 北海道自然保護協会
TEL 011-876-8546 FAX 011-211-8465
E-mail info@nc-hokkaido.or.jp

ご不明な点がございましたら事務局(平日10 時~16 時)までお問い合わせ下 さい。

★ なお、新型コロナウイルス感染症の今後の状況により、中止する場合(回) もありますことをご了承ください。

2022 年円山公園外来植物除去ボランティア活動日程表
   第1木曜日  第3金曜日
5 月   ―  20 日(円)
 6 月  2 日(ユ)  17 日(ユ)
 7 月  7 日(ユ)  15 日(ユ)
 8 月  4 日(ユ)  19 日(円)
 9 月  1 日(ユ)  16 日(ユ)
 10 月  6 日(ユ)  21 日(ユ)
 11 月  3 日(円)  ―
(円)は円山公園、(ユ)はユースの森
*(雨天時は中止としますが、判断は各自でお願いします)

1.初回5 月20 日および8 月19 日、最終11 月3 日
  活動場所:円山公園
  集合場所・時間:円山公園パークセンター10 時
  作業終了:11 時30 分 計量、片付け確認後、解散

2. 上記1.以外の日(表参照)
  活動場所:ユースの森
  集合場所・時間:本隊=円山公園パークセンター 9 時30 分
          直行組=ユースの森北口 10 時30 分
(JR バス[円14] 荒井山線・円山公園駅発10:27 発乗車、総合グラウンド前下車)
  作業終了:11 時30 分 計量後、現地解散

    主催:一般社団法人 北海道自然保護協会
    共催:円山公園管理事務所

★ なお、新型コロナウイルス感染防止のため、参加される前に検温、体調チェックをすませ、少 しでも異常を感じる場合は、参加を取り止めて下さい。

 

2021年度
第28回夏休み自然観察記録コンクール受賞者・受賞作品


 北海道自然保護協会では、北海道新聞社・北海道新聞野生生物基金との共催により、北海道教育委員会・札幌市教育委員会の後援を得て、「第28回夏休み自然観察記録コンクール」を開催いたしました。
 今年度は、新型コロナ感染予防のため、諸活動の自粛により、野外での自然観察や研究活動が十分できない状況となり、応募作品数は過去2番目に少ない応募となりました。
受賞者・受賞作品は下記のとおりです。

募集テーマ  身のまわりの自然をよく見て作文や絵にくわしくかいてみよう
主 催    一般社団法人北海道自然保護協会、
      北海道新聞社、公益財団法人北海道新聞野生生物基金
後 援    北海道教育委員会、札幌市教育委員会 
応募数   42点
       1年(4) 2年(12) 3年(8) 4年(4) 5年(9) 6年(5) 学校数 29校
審査日   2021年10月5日(水) 
審査員   北海道新聞野生生物基金、北海道自然保護協会

金賞  1点

福井 清夏
(札幌市立宮の森小学校5年)
クモの糸の強さにせまる

銀賞  2点

土屋 檜生
(安平町立安平小学校5年)
ぼくのあこがれカブトムシ
岸田 哲平
 (恵庭市立恵庭小学校5年)
ヒゲナガカワトビケラの幼虫の研究

銅賞  6点

斉藤 蓮
(函館市立中島小学校1年)
かいのかせきのけんきゅう
吉田 美里
(網走市立網走小学校2年)
タデアイをそだててそめてみよう!タデアイのかんさつ日記 
坂本 颯人
(千歳市立北陽小学校3年)
ぼくのカブト クワガタ大けんきゅう 
石戸谷 珠月
(札幌市立藻岩小学校5年)
マイクロプラスチックとは?
菊池 健永
(札幌市立平岡南小学校6年)
おれのミミズコンポスト①②
田中 壮志
(函館市立北美原小学校6年)
トンボの縄張り観察記

佳作  11点

牧野 敦志
(札幌市立藻岩小学校1年)
アリのすきなものしらべ
早津 有里菜
(札幌市立北陽小学校2年)
ミニトマトのみが赤くなるじゅんばん
能村 駿一
(滝川市立東小学校2年)
大発見!チゴハヤブサ
長内 智幸
(札幌市立北陽小学校2年)
カブトムシをかったよ
水島 悠翔
(函館市立日吉が丘小学校2年)
アゲハの幼虫のこと
堺 羽叶
(北海道教育大学附属釧路義務教育学校前期課程3年)
家の周りのクローバーを調べてみた!
早津 充陽
(札幌市立北陽小学校4年)
ヘチマの葉と茎の成長量について
眞田 花
(札幌市立澄川小学校5年)
私達の身近で暮らすトカゲたち
山本 そら
(札幌市立円山小学校5年)
ポリネーター 虫と植物と私たちのたいせつな繋がり
武田 茉優
(根室市立北斗小学校6年)
この実なんの実? 気になる種
谷村 優羽
(札幌市立藻岩小学校6年)
札幌市の野鳥

特別賞  1点

小沢 孝至朗
(札幌市立平岡公園小学校6年)
アサガオとハマヒルガオの観察 ~生き方は一つじゃない!~

学校賞  札幌市立藻岩小学校




※ 円山動物園との共催により
  2022年1月5日(水)~10日(月)まで同園内「円山動物園科学館ホール」 にて
  展示致します。



 

一般社団法人 北海道自然保護協会

〒003-0026
北海道札幌市白石区本通1丁目
            南2-38
TEL 011-876-8546
FAX 011-211-8465
E-mail:info@nc-hokkaido.or.jp

@北海道自然保護協会