議案号 2010年度事業報告、収支決算および監査報告

 

T 一般事業   

1 会員の状況(総会議案書に掲載)

 

2 広報事業

(1) 会誌「北海道の自然」第49号発行(20113月)

(2) 会報「NC」発行: 146(20107) 147(10) 148(2011年2月) 149(4)

(3) ホームページの充実(適宜内容追加)

 

3 普及事業

(1) 17回夏休み自然観察記録コンクール(20108~9月、応募数101点、34校)

@金賞1点:葛西良馬(北海道教育大付属釧路小学校2)「ぼくのエンマコオロギ」

A銀賞2点:多田 遥(札幌市立大倉山小学校2)「うちのかたつむり」

:中ア千尋(札幌市立北都小学校5年)「秘密の場所のキイチゴ」

B上記のほか、銅賞6点、佳作20点、学校賞3校(内容省略)

 (2) 自然保護講演会・シンポジウム

     @20105月「なぜ『ダムによらない治水』でなければならないか」今本博健

参加87、札幌市

    A201010月「北海道の3ダム事業を検証する全国集会」(参加160名、札幌市)

B20113月シンポジウム「風力開発が貴重な自然環境に与える影響」(参加94名 札幌市)

 (3) 自然を語る会(札幌市・2010年7月〜20112)

    @20107月「石狩海岸に求められる保全と利用」松島 肇

    A20108月「今、問われる動物園の役割とは 円山動物園の挑戦-種の保存、環境教育、

北海道の野生動物復元プロジェクト」野谷悦子

    B2010年9月「石狩砂丘と菌類」竹橋誠司

    C201010月「鳥類にとって銭函海岸林はどんな場所なのか?」竹中万紀子

    D201011月「自然保護における市民参加と協働」八巻一成

    E201012月「知ってるようで知らないカラスの話」中村眞樹子

    F2011年1月「イネ:多様性と適応のしくみ」佐野芳雄

    G20112月「北海道海浜漂着物の現状と取組」中根惠美子

 (4)自然保護大学(札幌市・20112)

    @「石狩海浜一帯の野鳥」樋口孝城

A「北海道の昆虫と自然保護 マイクロハビタットの重要性」大原昌宏

B「北海道のサクラマスの生態と河川環境」卜部浩一

C「コウモリから見える自然界の意外な魅力」中島宏章

D「北海道の外来植物の現状」五十嵐 博

  (5)ダムによらない流域治水に関する検討会(札幌市・20105月、8月、11月)

    第2回「沙流川の治水」今本博健

    第3回「天塩川と当別川の治水」嶋津輝之

4回「サンル・平取・当別ダムの環境問題」宮田修、安藤加代子、佐々木克之

  (6) 環境教育:総合学習「自然保護」に関する講義(協会事務所)

@2010 東藻琴中学校年生

 

7)講演会講師派遣(佐藤会長)

@201011月 ラムサール条約登録5周年記念(野付半島)

「北海道東部の植物的自然は素晴らしい、その価値を未来に残そう」   

4 調査研究および自然保護運動

(1) 意見書・要望書提出(当協会単独)

@20104月『藻岩山頂展望台の「修正案」の再見直しを求める緊急要望書 第2回』

(札幌市長宛)

A20104月『網走国定公園・濤沸湖における『国指定鳥獣保護区における環境学習・保全調査拠点整備』事業に関する要望書』(環境大臣、道知事宛)

      B20106月『藻岩山頂展望台に関する札幌市からの回答書(札観企第102号)に関して訂正を求める要望・質問書』(札幌市長宛)

C20107月『平成22年度エゾシカ捕獲禁止及び制限(道案)に関する意見書』(道知事宛)

      D201010月『北海道における新しい国立公園の指定、とくに『日高山脈、夕張山地』を国立公園として早期に指定することの要望書』

(環境大臣、林野庁長官、道知事宛)

     E201010月『銭函風力開発事業に係る影響評価書(案)に対する意見』

(銭函風力開発(株)、日本風力開発(株)宛)

F201010月『銭函風力開発事業に関する質問・意見書』(道知事宛)

G201011月『銭函風力開発事業に関する質問・意見書(追加)』(道知事宛)

     H20112月『銭函風力開発事業に関する要請・意見書』(道知事宛)

         

(2) 意見書・要望書提出(他団体との連名)

下川自然を考える会等9~11団体、自然林再生ネットワーク等8団体、北海道脱ダムをめざ

す会17団体、石狩海岸の風力開発を考える会と連名、北海道自然保護連合名で別紙21件の提出

 

(3) 運動

@大規模林道問題と国有林問題:建設中止後の情報収集など

Aダム問題:サンルダムについては、サンルダム建設計画に反対する他団体、北海道脱ダムをめざす会17団体と協働して、現地の調査や視察、意見書等の提出。平取ダムに関しては平取ダム建設で失われる自然を守る会他団体、北海道脱ダムをめざす会17団体と協働して現地調査、公開質問書や意見書の提出、講演会及び資料の収集、当別ダムを含む3ダム検討会の開催。

B北見バイパス問題:地元「北見の自然風土を考える」市民連絡会と協働、現地調査など 

    C釧路湿原再生事業:再生事業着工後の情報収集など

    D夕張山地と日高山脈の国立公園化:公園化に向けての情報の収集、早期指定の要望書提出など

E藻岩山頂展望台工事に関する要望書提出など

F銭函風力開発事業に関する要請・意見書提出、現地視察を含む情報収集、建設反対署名協力、シンポジウム開催、パンフレットの作成など

 

U 特別会計事業

   該当なし