本文へスキップ

当会は全国のみなさんの会費で支えられています。
 一般社団法人 北海道自然保護協会

「北海道の自然」・会誌(No.45〜No.39)

現在の発行ページへ

『北海道の自然』

No.45 2007年3月31日発行
《特集1》
イトウの生態と保全  江戸 謙顕
希少カワシンジュガイとサケ科魚類の共生関係およびその保全  栗原 善宏・後藤 晃
沙流川二風谷ダムのサクラマスへの影響とサンルダム問題    佐々木 克之
北海道の雄大な川はどこにあるのか?              竹中 万紀子
《特集2》
国有林野における天然林伐採の実態とそれに関する考察     佐藤 謙
エゾナキウサギの天然記念物指定をめぐる行政の迷走      市川 利美
風力発電施設と鳥類の保全                  白木 彩子
登別市キトウシに自生する貴重湿原群落の保全・再生のための取り組み 矢部 和夫
学校の環境教育の現状                    三澤 英一
北海道とサハリン石油・天然ガス開発問題           奥谷 浩一
夏休み自然観察記録コンクール                伊達 佐重
読者の声                          奥谷 浩一
新刊紹介・佐藤謙著『北海道高山植生誌』            俵 浩三

編集後記

『北海道の自然』

No.44 2006年3月31日発行
《特集1 森林問題と緑資源幹線林道》
危機に瀕した日本の天然林 河野 昭一
緑資源幹線林道・無駄な公共事業が自然を破壊 俵 浩三
緑資源幹線林道(大規模林道)置戸・阿寒線の植物的自然 佐藤  謙
 《特集2 最近の自然保護の話題》
日高山脈と夕張~芦別山地の生い立ち
(資料)日高山脈と夕張山地を国立公園とする要望書
*HP、これまでの活動2006年の1月30日に要望書の詳細が載っております。 在田 一則
サンルダム、当別ダム、平取ダムを中止させよう! 小野 有五
北海道の海鳥をとりまく自然生態系の危機を考える 奥谷 浩一
十勝の自然を脅かすラリー競技 松田まゆみ
千歳川頭首工の改築工事 明野 幸久
強引に進められる北見バイパス道路 川ア  克
外来種セイヨウオオマルハナバチの野生化問題を解決するために 小島  望
北海道自然観察指導員と北海道アウトドアガイドの現状 福地 郁子
諫早湾干拓事業と有明海漁業被害と因果関係および
開門調査の是非をめぐる論争 佐々木克之
(参考図書紹介)「有明海の生態系再生をめざして」
夏休み自然観察記録コンクール 伊達 佐重
編集後記

『北海道の自然』

No.43 2005年3月25日発行
《特集1 国立公園》
日本と世界の国立公園制度             畠山 武道
北海道の国立公園の始まりと21世紀のあるべき姿   俵 浩三
知床国立公園のたどった道             中川 元
知床半島の世界自然遺産指定と鰭脚類保全      和田 一雄
知床半島の植物の現状と世界自然遺産候補地推薦前後の状況、課題      石川 幸男
《緑資源幹線林道(大規模林道)》
大規模林道は本当に必要か       寺島 一男
大規模林道平取・えりも線の「様似・えりも区間」の植物的自然について    佐藤 謙
日高山脈南東部のコウモリ類  柳     川 久  
《身近な自然》
小さな海岸地形変化の大きな影響             佐々木克之
その後の野幌森林公園の「危険木」伐採問題と台風18号   奥谷浩一
《その他》
第11回・夏休み自然観察記録コンクール  伊達佐重
会員通信    稗田 一俊

『北海道の自然』

No.42 2004年3月発行
《知床・世界自然遺産候補地》
北海道の世界自然遺産候補地を考える −「知床」の候補地決定に寄せて− 俵 浩三
日本における自然遺産候補の選定と知床自然遺産登録の課題       吉田 正人
北海道と極東ロシアの北方林 −共通点と相違点−            沖津 進
世界遺産の現状、そして新たな候補地の検討をめぐって         工藤父母道
世界遺産を見せることについて −白神山地の事例をもとに−       牧田 肇
《自然再生事業と大規模林道問題》
釧路湿原自然再生事業、長い旅のはじまり           杉沢 拓男
ナキウサギの岩穴は、なぜ土で埋められたの?
  −山奥で密かに進む巨大プロジェクト『大規模林道』事業−  市川 利美
《河川・ダム問題》
最近のダムと河川問題
  −二風谷ダムの台風10号災害・現場体験報告−     稗田 一俊
《野生動物の保護と管理》
希少植物・高山植物の販売について           佐藤 謙
エゾシカ地域個体群の   個体数管理における自然死亡率評価の重要性    北原 理作
《身近な自然》
野幌森林公園の「危険木」伐採問題      奥谷 浩一
《その他》
第10回・夏休み自然観察記録コンクール   伊達 佐重
会員通信     

『北海道の自然』

No.41 2003年3月発行
《日高横断道路・公共事業とアセスメント》
日高横断道路の建設は「凍結」に 激動の一年を振り返る         俵 浩三
市民による日高横断道路「時のアセス」                小島 望
日高横断道路問題とアセスメント
            −参加型アセスメントを求めて−        高畑 滋
北海道北部における「国道40号音威子府バイパス」事業の 現状と考察    池上佳志
たまには立ち止まって考えてみよう
            −開発行為と生態的持続性−          市川 守弘
《自然の再生事業》
自然再生推進法の危険な役割 佐藤 光子
「自然再生推進法」の“試金石”「釧路湿原再生事業」の正体      小島 望
礼文島ウエンナイ歩道工事に関わる自然回復検討会          佐藤 謙
《河川・ダム問題》
苔むした石転がり命育む力失う川 
            −砂防ダムと河床低下のメカニズム−   稗田 一俊
《移入種の問題》
アライグマ問題にみる「移入(外来)種」原論          池田 透
北海道におけるブラックバス問題                工藤 智
移入植物による生態系への影響 
      −緑化工事現場での移入・外来・帰化・侵入種問題−  五十嵐 博
《野生動物の保護と管理》
勇払平野に奇跡的に残された野生動物のコリドーが直面する危機
       −胆振と日高をつなぐ唯一の回廊が危ない!−    青井 俊樹
渡島半島のヒグマ春季管理捕獲について
        〜道の対策チームに聞く〜 編 集 部
《その他》
国際的市民権を得た宮島沼
         〜ラムサール条約新規登録の沼の検証〜     草野 貞弘
第9回夏休み自然観察記録コンクール
                 ・入賞者名簿と講評      伊達 佐重
会員通信 自然−自ずからなるもの−              石田 昭夫

『北海道の自然』

No.40 2002年3月発行
《21世紀の課題−自然保護問題の現状と課題》
日高横断道路建設の「二枚舌」を検証する
−道民には「広域幹線」と説明し役所内では「資源開発」の理由付け−     俵 浩三
移入種の生態系への影響     −大沼公園のブラックバス問題−       宮崎 司
北海道における猛禽(鷲・鷹・梟)類の保護   −新たな段階へ向けて−     竹中 健
山岳自然公園における歩道工事                       佐藤 謙
「砂防ダムと河床低下」が命はぐくむ自然の仕組みを萎えさせ、壊している     稗田 一俊
千歳川放水路計画中止と代替え案の検討   −検討委員会はどのように機能したか−  熊木 大仁
浜中町における環境を重視した集落協定について     河田 幸視 ・井上 典子

《報告と話題》
色丹島鳥類調査報告                          青木 則幸
見つめ直そう日本の森  「日本の森と自然を守る全国集会in北海道」報告  高畑 滋
愛すべきキノコ達−年ごとの記録から−                 伊達 佐重
《通信》
夏休み自然観察記録コンクール応募者
       小学校二年生のお母さんの手紙               山本美貴子
サケの不思議にせまる         小学校四年生からの手紙への返事  稗田 一俊

 《参考資料》
ヒグマとの遭遇回避と遭遇時の対応に関するマニュアル           山中 正美

『北海道の自然』

No.39 2001年3月発行
《日高横断道路問題》
日高山脈の自然
   −氷河調査を通じて感じたこと−            岩崎 正吾
日高山脈の植物的自然から見た日高横断道路問題       佐藤 謙
日高山脈の魅力とファンクラブの活動            高橋 健
日高横断道路は目的と必要性が破綻
     −「開発道路」はすでに役割を終えた戦後の遺物−   俵 浩三
公共事業の見直しと住民参加                 畠山 武道
《北海道の野生動物》
渡島半島地域で進めているヒグマ対策             釣賀一二三
エゾシカによる被害対策の現状と課題
      ならびにエゾシカ保護か管理計画に対する要望    北原 理作
エゾシカ食害から森を守る
      −一歩園、苦渋の奮闘記−             高村 隆夫
《身近な自然》
自然公園の保護と利用をもう一度考える              八巻 一成
河畔の植生から河川環境を考える                 長谷川 栄
勇払原野のこれまでとこれから                  村井 雅之
農林水産大臣様、苦情申し立てあげます
       −野幌森林公園内の農道拡幅計画への疑問−      五十嵐敏文
野幌から消えたアオサギと減るクマゲラ
       −消えたアオサギの謎とクマゲラ一斉調査の記録−   松山 潤
《会員通信》
レイチェル・カーソン女史について  門田 俊宏



一般社団法人 北海道自然保護協会

〒003-0026
北海道札幌市白石区本通1丁目
            南2-38
TEL 011-876-8546
FAX 011-211-8465
E-mail:info@nc-hokkaido.or.jp

@北海道自然保護協会